兄貴 is POWER

多趣味な兄貴の趣味紹介ブログ

ぶっちゃけハンドガンって使うの?


こんにちは、兄貴(@ANIKI_hateblo)です。



サバゲーでのメインウエポンと言えば電動ガン


射程や狙いやすさ、構えやすさの観点からもアサルトライフルサブマシンガンタイプが圧倒的な使用率を誇ります。



一方、ハンドガンタイプのエアガン、特にガスブローバックはどうかと言うと、人によっては「ハンドガンなんていらない」なんて言う人もいる程です。


確かに電動ガンに比べて射程も威力も劣るガスガンですが、果たして利用価値は無いのでしょうか。

あくまでロマン武器なのでしょうか。



今回は、「ぶっちゃけハンドガンって使う事あるの?」と言うお話をしたいと思います。



それでは書いて行きましょう。



威力が低く、射程が短い


ガスブローバックタイプのエアガンを始め、ガスを使うエアガン全般は当然ガスで作動します。

「ガス」と言うのは一般的にはフロンガスの事で、エアガン用として販売されている物のほとんどがフロンガスです。


このフロンガス、最大の弱点として「冷えに弱い」事がよく挙げられます。

これはつまり、気温が低いと上手く気化出来ず、BB弾を発射するための圧力が十分に出ない事を指します。


ガスガンが全般的に「冬に弱い」とされるのはそのためなんですね。


さらに、発射を繰り返す事で気化したガスが残りのガスの熱を奪うため、連射すると目に見えて作動が重くなります。



このように、ガスガンはガスの圧力、更に言えばその時の気温で威力(初速)が変化するエアガンです。


もともとMAXの威力が高くは設定されていない事も電動ガンと比べた時にマイナスポイントになりがちです。

これは、最大威力を高く設定してしまうとガスの圧力が高い時(気温が高い時)に法定威力を超えてしまう事を防ぐためだと思われます。


厳密には威力(初速)=飛距離ではありませんが、やはり高初速の方が遠くまで弾を飛ばせる事が多いです。



また、ハンドガンタイプだと物理的にバレルも短いため、もともとの命中精度も遠距離だとインナーバレルの長いライフルタイプの電動ガンに敵いません。



結論として、ガスガンは威力・命中精度共に射撃性能ではライフルタイプの電動ガンに及ばない、と言う事になります。




ハンドガンの使いどころ


「じゃあやっぱり電動ガンだけでいいんじゃないの?」


まぁ正直な所、電動ガンだけでも困る事は無いと思います。


では、ハンドガンはどのように運用するのか。


ハンドガンのメリット、それは先ほど言った「威力が低く、射程が短い」事そのものです。


これは、「当たっても電動ガンほど痛くない」事を示します。



つまり、ハンドガンを使うシチュエーションとは

相手との距離が近く、なるべく痛い思いをさせたくない時

です。


フィールドによっては、交戦距離の近いエリアがある場合があります。

バリケードなどで区切られた、いわゆる「CQBエリア」なんて呼ばれる場所がそうです。

そのようなエリアではバリケード一枚挟んで相手がいる、なんて事もよくあり、そんな時にフルパワーの電動ガンで撃ち合うのはお互いに痛い思いをするだけになる事があります。


そんな時にハンドガンに持ち替えれば必要最小限のダメージで済む可能性が高いのです。



また、ハンドガンならば取り回しも良く、バリケードに引っ掛けたりする事もありませんし、ライフルよりも視界が広いので広く見回す事が出来ます。

バリケードの端でコンパクトに構えて応戦する事も出来るので、被弾箇所も少なく済みます。



また、見通しの悪いバリケードだらけの所では、飛距離が短い方が思いもよらない所へ弾が飛んで行く心配も少なくなります。

跳弾もしづらく、電動ガンより安全に運用出来ます。


電動ガンとは活躍するエリアが違う、と言う事です。





ガスガンのメリット


これはハンドガンに限った話ではありませんが、一般的に電動ガンに比べガスガンの方がレスポンスが良いとされます。

この場合のレスポンスとは、「射手がトリガーを引いてから弾が出るまでのタイムラグ」の事を言います。


電動ガンは、どうしても構造上「トリガーを引くと中のピストンが後退→前進して弾が発射される」ので、一瞬ですがタイムラグが発生します。



一方ガスガンではそのタイムラグがほとんどありません。

狙った所へトリガーを引いた瞬間に弾が発射されます。


この特性から、サバゲーよりもシビアなコントロールを要求されるスポーツシューティングなどではガスブローバックのハンドガンが主流となっています。



わずかコンマ何秒の世界ですが、バリケード越しに見えた相手に咄嗟に撃ち込むにはこのレスポンスの良さ、即応性が大事になって来ます。


そういう観点からも、私はCQBエリアではハンドガンの使用を仲間にも推奨しています。




いかがだったでしょうか。




使いどころさえ分かれば便利なハンドガン。


皆さんも装備にプラスしてみてはどうでしょう。




今回はここまで。




最後までお読み頂きありがとうございました。


ではまた!